ノボシルが勃起の悩みを改善する仕組み

「ノボシルが勃起の悩みを改善する仕組み」のイメージ画像

ノボシルODフィルムは勃起不全を改善する治療薬ですが、実際にはどのようにして勃起不全を改善へと導くのでしょうか。

ノボシルODフィルムには有効成分としてシルデナフィルが配合されています。
このシルデナフィルには勃起を鎮めるための酵素であるホスホジエステラーゼの働きを邪魔する作用があります。
勃起不全の男性は、このホスホジエステラーゼと呼ばれる勃起を鎮める酵素が多いため、興奮したりしても鎮める働きの方が優位となってしまい勃起することができなくなってしまいます。
このホスホジエステラーゼの作用が邪魔されることで、勃起を促す物質が正常に働けるようになって勃起不全を改善へと導くのです。

このことからもわかるように、ノボシルODフィルムは勃起不全を改善することはできますが、そもそものホスホジエステラーゼが多くなってしまう原因に対してのアプローチは何もありません。
一時的に勃起不全を改善することは可能ですが、勃起不全の根本的な治療を行うことはできないという点には注意しておく必要があります。
そのため、ノボシルODフィルムを用いて勃起不全を改善する場合は、性交渉を行う夜には常に使うという必要があるということは、忘れないようにする必要があります。